2021.3.12

注文住宅のリビングで失敗しないためのポイントとは?熊本の設計事務所がご紹介!

no_image2

熊本にお住まいで注文住宅の購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
理想の住まいを検討できる注文住宅ですが、非常に大きな買い物だからこそ失敗したくないですよね。
そこで今回は、暮らしの中で特に重要なリビングをつくる際に失敗しないためのポイントをご紹介します。

□注文住宅でリビングをつくる際に注意したい広さのポイントとは

注文住宅でリビングをつくる際によくある失敗として挙げられるのが、広さに関する失敗です。
例えば広いリビングに憧れ、30畳ほどの面積をとってリビングを設けたものの、想像より実際はなんだか狭く感じてしまうということはよくあります。
こうした失敗はリビングの広さを確保したいあまり、畳数のみにとらわれてしまった場合に起こりやすいです。
同じ30畳でも、窓が少なく閉鎖的な空間だと狭く感じてしまいます。

こうした失敗を起こさないためには、空間に抜け感を与えることが重要です。
例えば、ガラスを利用した空間は広がりを感じられます。
また、リビングのみ天井を高くすることも効果的です。
窓も大きめにすることで、外に視線が開けてより広さを感じられるでしょう。

このように広く開放的な空間のリビングにしたい場合は、窓や壁、天井の高さも意識してみることがおすすめです。

□注文住宅でリビングをつくる際に意識したい収納のポイントとは

注文住宅でリビングをつくる際には、収納の面での失敗もよく挙げられます。
例えば、リビングに収納を一切設けなかったため、小物が常に散乱してしまうなどです。
こうした失敗は、広さや開放感を優先しすぎて収納スペースを必要以上に削ってしまった場合に起こることが多いです。

すっきりとした空間にしたいのならば、必要最低限の収納は設けておくことがおすすめです。
新聞や雑誌、お子様のプリントなどリビングに収納する必要がないか事前に確認しておくと良いでしょう。

他にもリビングの収納としておすすめなのが、壁面収納です。
壁に収納ができるように備え付けておくと、リビングの広さを損なうことなく小物や必要なものを収納できますよね。

また、テレビのリモコンや文房具、雑誌や新聞など常に置いておくものは定位置を決めておくと良いでしょう。
生活をする上でしまいやすい場所に収納を設ければ、出したものをスムーズに元の場所に戻せるので、リビングを常にきれいに保てます。
例えば、ソファに座ってテレビを見ることが多いのなら、ソファに近い位置にテレビのリモコンを置くと良いですね。

□まとめ

今回は、注文住宅のリビングで失敗しないためのポイントをご紹介しました。
リビングで失敗しないためには、広さや収納の配置などが非常に重要です。
当社は、無駄な費用を省いて本当に必要なところに費用をかけ、お客様の理想の住まいを実現できます。
熊本在住で注文住宅をお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太