2021.2.24

熊本にお住いの方必見!注文住宅で取り入れたい収納の工夫についてご紹介します!

no_image2

「せっかく注文住宅で家を建てるなら、収納にこだわりたい」
こうしたご希望をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
すっきりと清潔な空間で快適に過ごすためにも、使い勝手の良い収納を設けたいですよね。
そこで今回は、注文住宅で取り入れたい収納の工夫について熊本の設計事務所がご紹介します。

□注文住宅だからできる便利な収納とは

規格型の住宅では、収納スペースがあらかじめ決まっていますよね。
そのため暮らし始めた後に収納に関して後悔してしまうことも少なくありません。
その一方で、注文住宅の場合は収納したい物を踏まえた上で収納を設けられるため、こうした失敗が起こりにくいと言えるでしょう。

また注文住宅であれば、家族が使いやすいように可動式にしたり、浅めと深めな高さの棚を組み合わせたりなど、工夫した収納を設けることも可能です。
当社は完全注文住宅ですので、規格住宅や商品住宅のような縛りがなく、自由な発想で暮らしをご提案できるでしょう。

□注文住宅で取り入れたい収納の工夫とは

では、実際注文住宅ではどのような収納を取り入れると良いのでしょうか。
続いては、その具体的な収納の工夫についてご紹介します。

まずは、生活や家事のしやすさを考慮して収納の位置を配置することです。
例えば、服を畳む場所と収納する場所が近くにあれば、一気に家事が楽になりますよね。
家事が楽になることで自然と家事にかかる時間も短縮できるため、より快適な暮らしを実現できるでしょう。

使用頻度によって収納の高さを調節することも、重要な収納の工夫として挙げられます。
よく使う物を手の届きやすい手前の位置に収納することで、使い勝手も良くなりますよね。

また、収納の扉も工夫できると良いでしょう。
収納によく使用される扉としては、手前または奥に開く式の扉と左右にスライドさせる式の引き戸があります。
収納する物に応じて最適な扉を検討できることも注文住宅だからこその強みと言えるでしょう。

その他にも、壁全体が収納スペースになる壁面収納は注文住宅におすすめの収納です。
おしゃれなインテリアや趣味の本などを収納することで、見せる収納にもなりますよね。
また壁面だけでなく、階段や床下などのデッドスペースも活用できるとなお良いでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅で取り入れたい収納の工夫についてご紹介しました。
暮らしにあった収納を工夫できるのは、注文住宅だからこその魅力と言えますね。
ぜひ注文住宅をご検討中の方は、今回ご紹介した収納の工夫も取り入れてみてはいかがでしょうか。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太