2020.8.17

熊本で注文住宅を建てたい方へ!玄関の間取りの計画方法を紹介します!

no_image2

注文住宅で玄関の間取りを検討中の方はいらっしゃいませんか。
間取りを決めるためには、機能性とデザインの2点に注目するのがおすすめです。
機能性は十分な広さと収納に、デザインは視覚的な良さに注目しましょう。
そこで今回は、玄関の間取りの決め方について広さとデザインの観点から熊本の業者が解説します。

□使いやすい玄関の広さとは

毎日通る玄関は、十分な広さを確保したいですよね。
玄関は、2人が並んで靴を履ける程度ですと十分な広さと言えるでしょう。
朝の忙しい時間帯に順番待ちをするのは避けたいですよね。
玄関の面積に限りがある場合は、縦を狭くして横を広く取る工夫をするのがおすすめです。

また、玄関の収納も十分な広さを確保しましょう。
少なくとも、家族分の靴が収納できる程度は必要でしょう。
収納しきれずに外に出ていると、通る際にも不便ですし靴が汚れやすくなってしまいます。

他にも、土間を広く取ることで玄関を便利にする方法もあります。
土間には自転車やスポーツ用品も収納しやすいですし、室内の作業スペースとしても便利です。
アウトドアな趣味をお持ちの方にはとても便利な空間と言えるでしょう。

□おしゃれな玄関にする方法とは

頻繁に通る玄関のデザインにはこだわる価値があるでしょう。
やはり、外から帰ってきたときに良い雰囲気を感じられると、生活は豊かになりますよね。
ここでは、玄関をおしゃれにするためのアイデアをご紹介します。

 

*玄関の正面に壁を作る

外から帰ってきて、最初に目につく位置に壁を作ると良いでしょう。
壁に絵画や飾り棚を設置することで、良い雰囲気を出せます。
自由に空間をデザインするためにも壁は役立つため、さまざまな使い方を検討してみましょう。

 

*玄関窓から庭を見せる

家の構造上、壁の位置が制限される場合もあるでしょう。
その場合、玄関窓から庭の景色を見せる方法がおすすめです。
大きな窓を設置することで、庭の植物や太陽の光が同時に視界に入ってきます。
昼間だけでなく、夜は庭のライトアップで良い雰囲気を演出できるでしょう。

この場合、大きな窓の目隠しには注意しましょう。
外からの視線が気になる方は、塀でしっかりと視線を遮断すると安心かもしれませんね。

□まとめ

今回は、玄関の間取りを決める際のポイントについて解説しました。
広さは人が2人並んで靴を履ける程であれば十分でしょう。
デザインにこだわる場合は、見えやすい位置に壁を作って個性を出すのがおすすめです。
これらのポイントに注意し、玄関の間取りを計画してみてください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太