2021.8.5

熊本で注文住宅をお考えの方必見!人気の間取りをご紹介!

no_image2


熊本にて注文住宅をご検討中で、「間取りをなかなか決められない」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事ではそのような方のために、おすすめの人気の間取りと間取りを考える際のポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□具体的な人気の間取りとは?

今回は間取りの中でも特に人気な、対面型キッチンとリビング横の和室の魅力をご紹介します。

まず対面型キッチンでは、料理をしながらでもリビングが見渡せるため、子供の様子を見守りながら作業ができます。
幼いお子様がいるご家庭にとってはとても安心して料理ができますよね。
また、リビングにいる旦那さんや子供と会話をしながらでも料理ができるので、どんな時でも家族とコミュニケーションがとれるのも魅力的です。
対面型キッチンの場合自然とリビングが広がったように見えるので、開放的な間取りにしたい方にもおすすめです。

次にリビング横の和室は、臨機応変に使えるのが大きな魅力です。
例えば和室に引き戸を設けた場合、開ければリビングが開放的になり子供の遊び場として使えます。
一方閉めれば、独立した空間になり子供の勉強スペースや客室に使えます。
臨機応変に使える部屋があるだけで、何か急な来客があったときでも安心です。

また最近では、リビングの横に小上がりの畳スペースを設ける家庭も増えています。
畳は保湿性や断熱性に優れているので、真夏や真冬に大活躍します。
また、部屋のアクセントになったり収納スペースが増えたりするなど、たくさんのメリットがあります。
そこに掘りごたつを設置もできるので、畳の空間と合わさることで風情が出てとても素敵です。

□住みやすい間取りとは?

住みやすい間取りはご家庭によっても様々ですが、住みやすくなるポイントをご紹介します。
それは家族の生活動線を意識することです。
家族のそれぞれの動線が重なる場所にリビングを設けると、家族が顔を合わせやすくなりコミュニケーションが頻繁にとれます。
他にも洗濯機の近くにベランダを備え付けることで、家事がしやすい間取りになり生活がしやすくなります。

□まとめ

この記事では、具体的な人気の間取りと、住みやすい間取りにするためのポイントをご紹介しました。
家族とのコミュニケーションを大切にしたい方は、動線を意識して間取りを考えてみると良いですね。
注文住宅の間取りにお悩みの方は、当社が最適なご提案をしますのでお気軽にご相談ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太