2020.10.10

熊本で注文住宅をお考えの方必見!予算オーバーしないコツを知っておきましょう!

no_image2

注文住宅を検討している方の中には、可能な限りコストを削減したいと考えていることも多いのではないでしょうか。
しかし、節約ばかりに気を取られると大切な住まいに問題が発生する可能性もあります。
そこで今回は、注文住宅のコストを節約する際のポイントと、忘れがちな諸経費について解説します。

□注文住宅の費用を節約する際のポイントとは?

注文住宅のコストについて考えるときには、闇雲に節約をするのではなくメリハリをつけるのが大切です。
ここでは節約に関して意識すべきポイントを2つ紹介します。

1つ目は住まいの基本的な機能に関わる部分は妥協しないことです。
コストを削減することは確かに大切ですが、そのために住宅の安全性が損なわれてはいけません。
柱や壁など住宅の構造に関わる部分は、節約しすぎずに耐震性や頑丈さをしっかりと備えているか確認するようにしましょう。
また、窓や壁の断熱性能は夏や冬にその住まいで快適に暮らせるのかを左右するので、高品質なものを選ぶ方が良いかもしれません。

2つ目は細かな設備の金額を見直すことです。
上記の住宅の基本的な構造にコストをかけると予算オーバーしやすいです。
そうなるのを防ぐために、キッチンや浴室、トイレといった設備で金額を抑えられないか考えてみましょう。
特に自分がこだわっている設備にはお金をかけ、その他には既製品などを用いてできるだけ安く済ませるのが良いかもしれません。

□注文住宅で忘れがちな諸費用とは?

注文住宅を建てるときは住宅そのものの値段に気を取られがちですが、その他にもコストがかかることを意識しておくのが大切です。
では、住宅以外にどのようなコストがかかるのでしょうか。

まずは土地です。
土地も込みの値段なのか、あるいは土地は自分で用意する必要があるのか業者に確認するようにしましょう。

次に塀や門などの住宅以外の工事費用です。
こちらも住宅とは別に特別な工事をする必要がある場合もあるので、業者への確認が欠かせません。

また、引っ越しに関わる費用も忘れてはいけません。
単に引っ越し業者に依頼する場合だけでなく、引っ越しの機会に家具を新調しようと考えている方は住宅の料金に加えて家中の家具をそろえるといくらかかるのかを具体的に試算しておくことをおすすめします。

□まとめ

今回は注文住宅の費用を節約するときのポイントと、注意すべき諸費用を解説しました。
今回の記事が、予算オーバーを防ぐ上で皆様の役に立てば幸いです。
当社は熊本を中心に注文住宅に関するお問い合わせを随時受け付けております。
興味をお持ちの方は、ぜひ当社の専門家にお気軽にご相談ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太