2020.6.28

熊本で注文住宅をお考えの方へ!バルコニーについて解説します!

no_image2

熊本で新築の注文住宅を検討中の方はいらっしゃいませんか。
せっかく注文住宅を建てるのだから、個性的な家にしたいですよね。
そんな方におすすめなのがバルコニーです。
しかし、バルコニーの特徴を詳しくご存知でない方は多いでしょう。

そこで今回は、バルコニーの詳細と作る際の注意点を紹介します。

□バルコニーとは

バルコニーという言葉を聞いたことがあっても、具体的にどんなものかはご存知でない方は多いですよね。
よく勘違いしやすいものでベランダがあります。
ベランダとは、建物の外側にある「屋根付き」の歩行可能なスペースを指します。
一方で、バルコニーとは建物から外に張り出した「屋根なし」の欄干で囲まれたスペースです。

一般的に、バルコニーは洗濯物を干すスペースとして使われることが多いでしょう。
奥行きのあるバルコニーの場合は、テーブルと椅子を置いて外で一服できる空間にもできます。

それでは、バルコニーにはどんなメリットがあるのでしょうか。
バルコニーのメリットは、屋根がないため日当たりの良い部屋を作れることです。

また、バルコニーに降り注ぐ光を利用して家庭菜園も楽しめますよ。
広さを活かして、家族とバーベキューをしたり、子供とプールで遊んだりとアウトドアスペースとして利用しても良いかもしれません。
このように、屋根がないことで、家にいながら気軽に自然を楽しめます。

□バルコニーを作る時の注意点

実際にバルコニーを計画する際には注意すべきことが何点かあります。

 

*バルコニーの目的や頻度を考える

バルコニーを使う目的や使用頻度を考えてから計画しましょう。
バルコニーの目的としてよく挙げられるのが、気軽に外に出て一服したり、家族と遊んだりすることです。
しかし、実際野外で楽しめる季節は限られています。
夏の猛暑日に外に出る気は起こりませんし、冬の肌寒い時は家の中にいたいですよね。
また、屋根がないため梅雨の時期はバルコニーを楽しみにくいでしょう。

費用もかかるため、外で過ごすのが好きな方や家庭菜園が趣味の方など頻繁にバルコニーを使う方でなければおすすめしません。

以上の点を踏まえて、バルコニーの良さを最大限楽しみたい方は取り入れることをおすすめします。

 

*排水設計やメンテナンスを考える

バルコニーは排水管が詰まった場合、雨水がたまり雨漏りの原因になるかもしれません。
そのような場合に備えて、定期的に排水溝のメンテナンスをすることが欠かせません。
また、外から飛んできた泥や砂がたまりやすいため、こまめに掃除をすることも必要です。
そのため、バルコニーに水栓を設置して掃除しやすい環境にしましょう。

□まとめ

注文住宅におけるバルコニーの詳細と設置の注意点を紹介してきました。
バルコニーの用途を踏まえ、魅力的に感じたら取り付けてみてください。
当社は注文住宅のご相談を随時受け付けております。
バルコニーの設計について気になる方は、お気軽にご連絡ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太