2021.5.2

熊本で注文住宅をお考えの方へ!ガレージハウスのメリットとデメリットとは?

no_image2

熊本で注文住宅をご検討中の方にぜひ知っていただきたいのが、ガレージハウスです。
住まいにガレージハウスを取り入れることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。
この記事では、ガレージハウスを取り入れるメリットとデメリットをご紹介します。
ぜひお役立てください。

□ガレージハウスを取り入れるメリットとは?

住宅を建てる際、車を置く場所を確保したいと考える方は多いでしょう。
駐車スペースにはいくつか種類がありますが、その中でもガレージハウスにはさまざまなメリットがあります。
ここでは、そのメリットを3つご紹介します。

1つ目は、大切な愛車をしっかりと守れる点です。
ガレージハウスを取り入れれば、青空駐車場や屋根だけのカーポートとは違って強い雨風や紫外線から愛車を守れます。
さらに防犯の観点からも効果が期待できます。
盗撮や盗難といった犯罪から大切な車を守れるのです。

2つ目は、乗り降りや荷物の出し入れが楽になる点です。
建物内にガレージが組み込まれるため、居住スペースと車の間の距離が物理的に近くなります。
天気が悪い日や、重い荷物を運ぶ必要がある場合には、特にその便利さを感じられるでしょう。

3つ目は、固定資産税の負担が軽減される点です。
延べ床面積が同じ場合、ガレージハウスを取り入れた家の方が、取り入れていない家よりも固定資産税の負担が小さくなることがあります。
家の大きさの割に固定資産税の負担が小さくなれば、お得ですよね。

□ガレージハウスを取り入れるデメリットを紹介!

ガレージハウスには、さまざまなメリットがある一方で、デメリットも存在します。
ここでは、そのデメリットを2つご紹介します。

1つ目は、居住スペースが削られる点です。
1階にガレージを組み込むと、1階の居住スペースがかなり削られてしまいます。
ガレージハウスを作る場合には、このことを念頭に置いてプランニングするようにしましょう。

2つ目は、車のニオイや排気ガスが1階から家の中に侵入してしまう場合がある点です。
間取りによっては車のニオイが居住スペースに入ってきやすくなります。
ガレージハウスを取り入れる場合は、車のニオイや排気ガスが居住スペースに入ってくる可能性を考えて間取りを決めるようにしましょう。

□まとめ

ガレージハウスを取り入れるメリットとデメリットをご紹介しました。
注文住宅をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。
何かお困りのことがございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太