2020.8.28

洋風の注文住宅とは?熊本の設計事務所が解説いたします!

no_image2

熊本で注文住宅を検討中で、洋風のお家にしたいと考えている方はいらっしゃいませんか。
シンプルでかわいらしい印象を与えたり、リゾート地のようなおしゃれ感を演出できたりする洋風な外観はとても魅力的ですよね。
今回は、北欧風と南欧風の建物の外観の特徴をご紹介します。

□北欧風の住宅の特徴をご紹介

北欧風とは、デンマーク、フィンランド、スウェーデンなどの国々の建築スタイルを模したものです。
外観がすっきりしていてシンプルな外観ながら、色づかいによってデザイン性が高くなっているのが魅力です。
実際に北欧スタイルを再現するためには、どのような特徴を取り入れれば良いのでしょうか。

1つ目に、ツートンカラーを取り入れることがあげられます。
ツートンカラーとは、異なる色同士を組み合わせることです、
1階部分と2階部分の外壁の色を変えたり、外壁と軒や幕板などのライン・窓枠の色を変えたりすることで一味違った印象を与えられるでしょう。

2つ目に、木製サッシを使うことがあげられます。
北欧の住宅では、大きな窓を設置してその周りを木製サッシで囲むことが多いです。
この方法によっておしゃれな印象を与えられますし、採光という面でもメリットが得られるでしょう。

□南欧風の住宅の特徴をご紹介

南欧風とは、ギリシャやスペイン、イタリア、フランス南部などといった地中海のリゾート地の
建築スタイルを模したものです。
南欧は夏の日差しが強いことから、断熱性の高い瓦や白い外壁を採り入れるなどのように、遮熱する工夫を凝らしています。
このことから、暑い地域でのお家づくりに最適なスタイルであると言えるでしょう。

南欧風の特徴の1つに、明るい色や淡い色の外壁があげられます。
白やオフホワイト、ベージュや淡い黄色などを取り入れてみてはいかがでしょうか。
外壁はお家の印象を大きく変える分、外壁から南欧風のイメージ作りができます。

2つ目に、レンガや石造りを取り入れることが特徴として挙げられます。
アプローチや外構に使用するのがおすすめでしょう。
レンガは花壇に使用してもかわいらしいです。
オレンジやピンクのような、暖かい色のものを選ぶとよりいっそう南欧感が演出できます。

□まとめ

北欧風と南欧風のデザインについてご紹介しました。
気に入ったものがあれば、お家づくりに取り入れてみてはいかがでしょうか。
当社は熊本の建築設計事務所です。
お客様のニーズに寄りそってお家づくりのお手伝いをさせていただきます。
注文住宅のデザインで気になることがある方は、ぜひ一度ご相談ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太