2021.11.13

注文住宅をお考えの方必見!スキップフロアについてご紹介します!

no_image2

自由に設計できる注文住宅の間取りの中でも、スキップフロアが近年トレンドになっています。
スキップフロアはオリジナリティが高いデザインでありながら、空間を有効利用できるというメリットがあります。
そこで今回は、熊本で注文住宅をお考えの方に向け、スキップフロアが持つメリットやデメリット、その使用方法を紹介します。

□スキップフロアが持つメリットやデメリットを紹介します!

スキップフロアとは、1つの階層の中に本来はなかった中2階、中3階のような複数の高さのフロアがある間取りのことです。
立体的でおしゃれな印象に仕上がるのが特徴です。
普通の戸建てではできないような個性豊かな空間を作り出せるとして、近年トレンドになっています。

*スキップフロアのメリット

スキップフロアの最大のメリットは、空間を有効利用できることです。
壁や天井による仕切りが少なくなるため、空間を縦横に広く利用できます。
また、使える床面積が増えるため、設計の自由度が高くなります。
空間を開放的にする手段としては、吹き抜けも人気ですが、床面積を減らしたくない人にはスキップフロアがおすすめです。

*スキップフロアのデメリット

一般的な戸建てと比べると、スキップフロアは空間設計が難しいため、対応できる施工会社が限定される場合があります。
スキップフロアを導入する場合は、施工会社にスキップフロアの設計や施工の実績があるかをチェックしましょう。

□スキップフロアの使用方法を紹介します!

スキップフロアのおすすめの施工事例を2つ紹介します。

1つ目は、ワークスペースです。

中2階や中3階を書斎や子供の勉強スペースとしても活用できます。
家族それぞれが違った部屋にいても、同じ空間にいるため会話ができ、子供の様子を見守れます。
子供にとっては、秘密基地のような空間に、また、大人にとっても隠れ家的要素があるので楽しく快適に過ごせます。

2つ目は、ダブルステップとの組み合わせです。

2つの階段を使うことで、フロアステップ部分から2つの部屋に行けます。
例えば、1つの階段からは子供の部屋へ、もう1つの階段からは大人の部屋へ行けるようになります。
ステップ部分の下は収納としても活用できます。
非常に見栄えするため、おしゃれな家だという印象を来客に与えられます。

□まとめ

今回は、熊本で注文住宅をお考えの方に向け、スキップフロアが持つメリットやデメリット、その使用方法を紹介しました。
当社は満足度の高い家を提供するために誠心誠意サポートいたします。
何かお困りのことがありましたら、ぜひ当社までご相談ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太