2020.11.24

注文住宅は窓の大きさが重要!?熊本の設計事務所が大きめ窓のおすすめポイントと対策を解説

no_image2

理想の家として、大きな窓のある明るい室内をイメージされる方も多いのではないでしょうか。
せっかく注文住宅を建てるなら、少しでも理想像に近づけたいですが、本当に大きい窓が良いのかがわからないとお悩みの方も多いでしょう。
そこで今回は、熊本の設計事務所が大きめの窓のおすすめポイントとその対策をご紹介します。

□大きめの窓のおすすめポイントとは

大きめの窓のおすすめポイントとしてまず挙げられるのは、光が取り入れられるため、室内が明るくなるという点です。
窓を大きく設置することで光が部屋の中に注がれやすくなり、自然と明るく開放感のある空間づくりにつながるでしょう。
こうした特徴から、大きめの窓は家の中でもより多くの人が集まるリビングに採用されることが多いです。

さらに大きめの窓は、少し開けて網戸にするだけで自然な風の涼しさや太陽の温かみを感じられます。
したがって、基本的に冷暖房を使用しない春や秋はさらに快適に過ごせるでしょう。
また総合的に見ると、電気代の節約にもつながりますね。

他にも、窓が大きい分風通しも良くなりカビ対策にもなるといったメリットがあります。
日本は基本的に湿度が高いため、家づくりにおいても湿気対策は非常に重要とされています。
さらに、カビは衛生面でも良くないことはもちろん、アレルギーの原因にもなりうるため特に小さなお子様がいらっしゃるご家庭では十分な対策が必要です。
こうした面も大きい窓を設置することで風通し良く、湿気もこもりにくくなるでしょう。

□知っておきたい対策とは

大きめの窓にさまざまな魅力がある一方、もちろん注意が必要な部分も存在します。
中でも押さえておきたいのが、プライバシーの問題です。
大きな窓のある部屋で開放的に過ごすということは、その分外からも見えやすくなり視線が気になるといったケースも良くあります。
プライバシーを保護するためにも、これからご紹介する対策は押さえておきましょう。

まず対策として挙げられるのは、広めの土地選びです。
窓が人通りの多い場所に面していれば、その分視線も気になりますよね。
こうした問題も広い土地を選べば、単純に窓との距離も遠くなり細かい部分も見えにくくなるでしょう。

他にもフェンスや生け垣など、目隠し壁を付けるという方法もあります。
この方法であれば、なかなか広い土地を見つけることが難しい市街地であっても、視線を遮れます。
ただし、あまりにも高い壁を設けてしまうと逆に閉塞感が出てしまうため、デザインや高さは工夫して選ぶようにしましょう。

□まとめ

今回は、大きめの窓のおすすめポイントとその対策についてご紹介しました。
大きめの窓は見た目だけでなく、さらに暮らしを快適にしてくれるような魅力がある一方、どうしてもプライバシーの問題があります。
ぜひ注文住宅で大きめの窓の設置をお悩みの方は、今回ご紹介した対策も踏まえて、検討してみてください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太