注文住宅の耐震性を計算する「壁量計算」とは?

20150420_icatch

皆さん、こんにちは。

CAM設計・宮村です。

 

 

最近、壁量計算書をお客様に提出する工務店が出て来ましたね。

壁量計算書を簡単に説明すると、地震や風に対抗する力を持った壁が建築基準法で規定された量以上にあるかどうか確認するための計算書類で、構造計算の一種です。

木造住宅の構造計算と考えていただいて結構です。

ちなみに、この壁量計算が建築基準法を満たすことで、「耐震等級1」が取得できるようになります。

その能力は、「震度7程度の地震で倒壊・崩壊しない程度、震度5強程度の地震で損傷しない程度」と言い換えることが出来ます。

つまりは、建築基準法を満たすだけであるていどの耐震力はついていることになりますね。

そんな壁量計算書ですが、なぜわざわざお客様に提出しているのでしょう?

 

 

4号特例という簡略化措置

 

 

新築一戸建てを建てる場合は、確認申請を行わないといけません。

確認申請とは、新築する建物が建築基準法に適合しているかどうかの審査と考えて良いです。

つまり、確認申請を通過した建物は、建築基準法に適合した建物であるとすることができます。

 

 

この中で壁量計算書は、建築士が設計をすれば計算書類を提出しなくても良い、計算済みで適合であると看做すという法律があります。(通称4号特例)

つまり、壁量計算を行わなくても確認申請は通過します。

ということは壁量計算をしなくても建築基準法に適合した家だと言えるということです。

恐ろしいですね。

 

 

壁量計算がされているかを確認するためには、住宅会社に壁量計算書の提出を求める方法しかありません。

それがきちんと計算されているかどうかは、建築士に見てもらうと良いでしょう。

家の耐震性が気になる人は是非一度確認してみてください。

 

 

皆様の家づくりが良いものでありますように。

touta

CAM設計:宮村陶太

 

 

※※※※※※※※※※

 

 

家づくりは注文の仕方で大きく金額に差が出ます!

「同じ家なら節約できて、同じ価格ならもっと良い家ができる」

数百万円の違いがでる、住宅の注文方法。

建材や住宅設備機器が「仕入れ値」で手に入る「資材調達力」。

業界タブーの工事原価を全て公開、「明朗会計で納得の家づくり。」

耐震、断熱、省エネ、通風、採光、動線、プライバシーなど全て考えられた熟考設計。

 

 

高性能でデザイン性の高い住宅を、新しい注文方法で手の届く価格で実現。

「節約して、しかも妥協しない」家づくりをしたい方をお待ちしております。

 

 

CAM設計のブログでは、

「家づくりに役に立つ情報」を発信しています。

ご興味がある方は「メルマガ登録ページ」より、メールアドレスのみ入力してください。

ブログが更新されるとメールが届きます。

 

 

お問い合わせや資料請求はこちらのページからどうぞ。

 

 

 


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

CAM設計住宅プランナー 宮村陶太

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー 宮村陶太

大学卒業後、ホームページ制作会社にて6年間の営業を経てCAM設計に入社。 一番最後に入ったので、家づくりに対する不安や、何をしたらいいか分からな い人の感覚が最もわかると思っています。 インプットしたことをこのブログでアウトプットしながら、皆さんにCAM設 計のことを知って頂けるように頑張ります。