2020.3.28

注文住宅の建築を設計事務所に依頼するメリットとは?熊本にお住まいの方は必見!

no_image2

注文住宅を行っている主に業者はハウスメーカー、工務店、設計事務所の3種類あります。
「じゃあどの業者に頼めば良いの?」迷いませんか。
自分の中である程度「こんな家が作りたいな」と決まっていて、業者と相談しながら家を作り上げたい方には設計事務所をおすすめします。
今回は設計事務所について説明していきます。

 

□設計事務所とは!?

「設計事務所ってそもそもなに?」と思う方も多いのではないでしょうか。
その名の通り設計をする事務所であることはわかるが、ハウスメーカーや工務店との違いまではわからないという方が多いと思うので解説します。

設計事務所の仕事は主に3つあります。
「建て主の要望に沿った建物を設計する」、「建物が正しく施工されているか工事監理をする」、「見積もりの調整をする」です。

イメージとしては、設計事務所が建て主の代理人という立場で、予算と建て主の希望をすり合わせながら1軒の家を作り上げていくというものです。
つまり、設計事務所に注文住宅を依頼すると、家づくりは建築家と建て主の共同作業でマイホームが建てられます。
オシャレでオリジナリティのある家が建てたい方におすすめです。

 

□設計事務所に依頼するメリット

*設計の自由度が高い

ハウスメーカーや工務店は施工の効率を上げるために、住宅を1つのパッケージとして販売する手法をとっている場合がほとんどです。
そのため、ある程度決まった型を建て主に合わせて変更を加えるという建築方法です。

一方で、設計事務所に依頼すると建て主の理想に合わせて一から設計をしてくれます。
例えば、店舗併設型の住宅を建てる場合、店舗部分は鉄骨造にしてスパンを飛ばして柱をなくして、住宅部分は木造にするなど、自由に設計できます。
 

*設計図と見積書がもらえる

設計施工を一括で請け負うハウスメーカーや工務店の場合、企業秘密という理由から、詳細な図面をもらえないことが多いです。

一方で、設計事務所は建築家が詳細な図面を書き、複数の工務店から見積書をとります。
詳細な図面があると、工事中にトラブルになっても解決しやすいです。

 

*無駄なコストが抑えられる

大手ハウスメーカーは莫大な広告費と宣伝費が必要です。
建て主からの建設費でそれらの費用を回収しています。
そのため、大手ハウスメーカーに依頼すると一括でできて便利ですが、無駄なコストがかかるというデメリットがあります。

一方で、設計事務所の場合、広告費に多額の費用をかけていないため、それらの無駄なコストが抑えられます。
例えば当社は、一括発注方式ではなく分離発注方式を採用しています。
分離発注方式とは、水道会社は○○社、電気会社は□□社というように各種専門の工事会社へ分離して発注する方式です。
建て主が各会社と直接契約を交わすため、品質とコストの透明性が確保できるだけでなく、コストダウンもできます。

 

□まとめ

今回は注文住宅を検討中の方に向けて、設計事務所に依頼するメリットを紹介しました。
熊本県で注文住宅を建てたい方はぜひ、当社にお任せください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太