2021.6.28

注文住宅の外観にお悩みの方へ!失敗しないためのコツをご紹介!

no_image2

注文住宅における外壁での失敗は避けたいですよね。
注文住宅では色や外壁、窓にまつわる失敗がよく見られます。
またモダンや洋風な外観は人気なので、見本としても良いです。
そこで今回は注文住宅をお考えの方に、外壁で失敗しないためのコツを詳しく紹介します。

□外壁でよくある失敗について

注文住宅における外壁のよくある失敗を押さえておくことは重要です。
ここでは、よく見られる失敗の部分を4つ紹介します。

1つ目は色です。
完成後にイメージしてた色と違う失敗は多くあります。
これはサンプルと実際の家の大きさでは、色が異なって見えることがあるからです。
また、周りの家とのバランスを気にせず作ると、目立ったり浮いたりするので気をつけましょう。

2つ目は、外壁です。
外壁での失敗は汚れやつなぎ目の部分が多いです。
これは素材で大きく変わることですが、完成して見た時に気づくパターンが多いです。
また、メンテナンスの費用や手間がかかると後々気づき失敗と感じる方もいらっしゃいます。

3つ目は、窓です。
窓の大きさや形、種類で外観が大きく左右するのをご存知ですか。
特に窓は、室内だけでなく外観も合わせて考えることが重要です。
それができていないと、バランスが悪かったり、物足りない印象になったりします。

4つ目は、家の形です。
家の形は、デザインを重視しすぎると失敗しやすくなります。
なぜなら、家は機能的なことを考慮して形を作ることが多いからです。
そのため、見た目を気にして必要以上に削ると、家の耐久性などが落ちる可能性があります。

□人気な外観のスタイルとは

人気な外観のスタイルは気になりますよね。
ここでは、人気で見本となるスタイルの例を3つ紹介します。

まずは、和風です。
これは日本の各地でよく見られる家の形です。
屋根が切妻だったり、玄関が引き戸だったりします。
また竹や木を多く使用した外装が多いです。

次は、洋風です。
これは海外の家に多い外観です。
壁がレンガ造りだったり、タイル貼りだったりします。
他にもバルコニーやベランダも凝ったデザインが多いです。

最後は、モダンシンプルです。
モダンシンプルは現代的なデザインの1つです。
中には家には見えない外観の家もあります。
そのため、住む人の個性が出るデザインでもあります。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に、外壁で失敗しないためのコツを詳しく紹介しました。
注文住宅では色や外壁などの失敗がよく見られます。
また人気があるスタイルの外観を見本とするのも良いでしょう。
注文住宅にお悩みの方は、当社が最適なご提案をしますのでお気軽にご相談ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太