2021.10.10

注文住宅におけるデザインの決め方について建築のプロがご説明します!

no_image2

注文住宅をお考えの方で、おしゃれなマイホームをつくりたいという方は、多数いらっしゃるでしょう。
おしゃれなマイホームをつくるためには、外観と内装それぞれについて考えていく必要があります。
そこで今回は、外観と内装をおしゃれにするためのポイントをご紹介します。

□注文住宅の外観の決め方をご紹介します!

注文住宅の外観を決めるときは、次の4つのポイントを意識すると良いでしょう。

1つ目は、単色に統一することです。
多くても2色か3色にとどめましょう。
というのは、複数の色を組み合わせると外観が落ち着かないイメージになってしまい、場合によっては見た目が派手になってしまい悪目立ちしてしまうからです。
色の組み合わせで残念な印象になってしまわないよう、設計事務所に完成予想図を作ってもらってから決めましょう。

2つ目は、外観のデザインイメージを絞ることです。
和風や洋風、モダン、アメリカンなどデザインイメージは多種多様です。
外観によっては間取りや生活設備まで変わってくる場合もありますので、デザインイメージで希望がある場合は、あらかじめ設計事務所の方に伝えておきましょう。

3つ目は、形状を決めることです。
住宅や屋根、窓などの形状によって外観のイメージは大きく変わってきます。
特に窓は、間取りや内装に合わせて決める方が多いですが、この場合、見た目がまとまりのない印象になってしまうことがあるので注意しましょう。

4つ目は、色味や素材を決めることです。
外壁や屋根、窓の色味や素材は、たくさんの種類があります。
それぞれに特徴やメリット、デメリットがあるので、しっかり把握しましょう。
選ぶ際は、比較しながら考えると決めやすいでしょう。

□屋内のデザインの決め方をご紹介します!

まずは、内装についてご説明します。
内装のデザインは床から考えると良いでしょう。
床材は、木材やシートなどが一般的です。
しかし、キッチンだけタイル貼りにするなど個性あるデザインを付け加えるのも良いでしょう。

床の次は壁です。
壁について考えるときは、床の色味や素材に合わせやすい壁材を選びましょう。
色味や素材の合う、合わないがあまりイメージできない方は、カタログ等を参考にすると良いでしょう。

床と壁面のデザインが決まれば、窓やドア、照明等のデザインも決めやすくなるでしょう。

様々な部分でデザインを考えていく必要がありますが、大事なのは住宅全体がまとまっているかどうかです。

□まとめ

本記事では、おしゃれな外観を実現するためのポイントをご紹介しました。 
また、内装をおしゃれにするためのポイントもご紹介しました。
熊本で注文住宅をお考えの方で、疑問点やご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太