2021.10.22

注文住宅で高気密高断熱を取り入れるメリットと注意点を詳しくご説明します!

no_image2

快適な注文住宅を建築したい方におすすめしたいのが高気密高断熱住宅です。
高気密高断熱住宅には、多くのメリットがあります。
今回は、高気密高断熱住宅を建てるメリットと気を付けるべき点をご説明します。

□高気密高断熱住宅のメリットをご紹介します!

高気密高断熱住宅のメリットは、大きく次の4点があります。

1つ目は、省エネで家計に優しい点です。
高気密高断熱の家は室内の空気が逃げにくいため、冷暖房で無駄なエネルギーを使用せず室内を快適な温度に保ち続けます。
冷暖房を効率よく使用することで、結果的に光熱費の削減に繋がります。

2つ目は、室内の温度を一定に保ちやすい点です。
気密性や断熱性が施されていない住まいでは、夏場は蒸し暑く、冬場は寒くて凍えてしまいます。
しかし、高気密高断熱の家であれば外気温の影響を受けにくいので、室内温度が保たれ快適な生活を送れます。
特に、冷暖房のない廊下やトイレで「寒くてつらい」とならないのが大きな魅力と言えるでしょう。

3つ目は、ヒートショックを防げる点です。
ヒートショックは、急激な温度変化が原因で起こります。
しかし、高気密高断熱性によって室内の温度が一定に保たれるため、急激な温度変化が起こりにくく、ヒートショックの防止に効果的です。

4つ目は、防音効果が高い点です。
気密性が高いと遮音性も高まります。
家のそばにある道路の交通量が多い場合や繁華街が近い場合は、騒音が大きなストレスになってしまう可能性があります。
気密性を高くすることで、外部の騒音を気にせず生活を送れるでしょう。

□高気密高断熱住宅をつくるときの注意点をご紹介します!

高気密高断熱住宅にも気を付けるべきポイントがあります。

1つ目は、家全体がしっかり換気できるような間取りや設備を取り入れることです。
快適な住空間を維持するためには、換気が非常に重要です。
換気口から外部の塵や花粉などが空気と一緒に室内に入らないようフィルタも設置しましょう。

2つ目は、日射を効果的にコントロールすることです。
特に夏場は、他の住宅に比べて影響が小さいとはいえ、直射日光による室温上昇は起こります。
スクリーンやブラインド、グリーンカーテンなどを活用して、季節に応じた遮光や断熱、採光の工夫を行うと、より快適な住空間づくりができるでしょう。

□まとめ

この記事では、高気密高断熱住宅のメリットと気を付けるべき点をご説明しました。
本記事が注文住宅をお考えの方の参考になれば幸いです。
熊本で注文住宅をお考えの方は、当社が最適なご提案をしますのでお気軽にご相談ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太