2021.2.28

注文住宅で駐車場を設ける際に失敗しないために!熊本の設計事務所がポイントを解説!

no_image2

「注文住宅に駐車場を設けたいけど、失敗はしたくない」
熊本にお住まいの方で、こうしたお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
これからずっと使っていくものですから、なるべく失敗や後悔はしたくないですよね。
そこで今回は、注文住宅で駐車場を設ける際に失敗しないためのポイントをご紹介します。

□注文住宅で駐車場を設ける時に多い失敗とは

まずは、注文住宅で駐車場を設ける際に特に多い失敗をご紹介します。

1つ目は、駐車場が予想以上に狭いという失敗です。
駐車スペースを削りすぎて、思ったより駐車しにくいということはよくあります。
また、もともと十分なスペースがあっても、車のサイズを大きいものに変更した時に支障がでてしまうという場合もあります。
こうしたことにならないために、余分に人が行き来できるくらいのスペースを取れると、サイズ変更にも対応できるでしょう。

2つ目は、玄関との距離が遠いという失敗です。
駐車場について考える際、この点はなかなか着目されにくいですが、実は玄関と駐車場の距離関係は非常に重要なポイントです。
距離が遠いと、買い物帰りで荷物が多い時や雨の日に移動するのが大変になってしまいます。
したがって、駐車場から玄関にはどのように向かうのかなど、動線をしっかりと確認しておくことが大切です。

3つ目は、駐輪スペースを考えていなかったという失敗です。
駐車場を設ける際には、駐輪スペースが十分にあるかについても注意する必要があるでしょう。
今は自転車をとめる必要がなくても、お子様が大きくなってから必要になることも考えられますよね。
また駐輪スペースは道路からの出入りが楽なところに設けておくと良いでしょう。

□駐車場を設ける際に重要なポイントとは

駐車場を設ける際のポイントとして、非常に重要なのがレイアウトです。
駐車場のレイアウトとは、つまりどのような形で車をおくかを決めることです。
ただ駐車場のレイアウトは、土地の大きさや形、そして建物の大きさなどによって適切なものが異なります。
レイアウトに正解はないので、生活スタイルや駐車のしやすさを考慮して最適なものを決めることが大切ですね。

そしてもう1つ重要なのが、駐車場のデザインです。
家と同じようにこだわりを反映させていくことで、家全体に統一感をもたらします。
その際ポイントとなるのが、家に使用されている素材やカラーと同じようなものを選ぶことです。
そうすることで、全体的にまとまりのある雰囲気に仕上げられるでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅で駐車場を設ける際に失敗しないためのポイントをご紹介しました。
駐車場について検討する際は、最適なレイアウトを選択するとともに、デザインにも着目できると良いですね。
ぜひ注文住宅についてお悩みの方はお気軽に当社までお問い合わせください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太