2021.5.22

注文住宅で無垢フローリングを採用するメリットとは?熊本の専門家が解説します!

no_image2

注文住宅をご検討中の方にぜひ知っていただきたいのが、無垢材を使ったフローリングです。
では、無垢フローリングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
この記事では熊本在住の方に向けて、フローリングの種類と無垢フローリングを取り入れるメリットをご紹介します。

□フローリングの種類について紹介!

フローリングにはどのような種類があるのでしょうか。
その種類は大きく2つに分けられます。
合板フローリングと無垢フローリングです。
では、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

まず合板フローリングですが、ベニヤ板を数枚貼り合わせた上に薄い天然木を貼って作り上げます。
このとき、板を貼り合わせるためには接着剤が使用されます。

無垢フローリングを採用する家庭に比べてこのタイプのフローリングを取り入れる家庭の方が多く、最も一般的なタイプだと言えます。

他方無垢フローリングですが、切り出した木の一枚板を加工して作り上げます。
無垢フローリングには、機能面とデザイン面それぞれで合板フローリングにはないメリットがあり、根強い人気があります。

□無垢フローリングを取り入れるメリットとは?

無垢フローリングを住宅に取り入れることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、そのメリットを3つご紹介します。

1つ目は、断熱効果を持っている点です。
冬場の冷え込む時期、無垢フローリングの上では冷たさを感じにくくなります。
無垢材が熱を伝えにくい性質を持っているからです。
冬場に足元が暖かいのはありがたいですよね。

2つ目は、調湿効果を持っている点です。
調湿効果とは、周囲の湿度に反応して湿気を吸い込んだり吐き出したりする作用のことで、これによって室内の湿度がある程度一定に保たれます。
湿度の高い梅雨などシーズンでは、ジメジメとした不快感がかなり軽減され、快適な生活を過ごせるでしょう。

3つ目は、時とともに劣化が生じて味が出てくる点です。
無垢フローリングでは、木材の種類によってその期間が異なるものの時が経つにつれて徐々に劣化し、味が出てきます。
色や木目など無垢材でしか出せない味を楽しめる点も魅力の1つでしょう。

□まとめ

熊本在住の方に向けてフローリングの種類と無垢フローリングを取り入れるメリットをご紹介しました。
無垢材に魅力を感じた方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
何かお困りのことがございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太