正確に他社見積もりが比較できるたった一つの方法

20150219_icatch

みなさん、こんにちは。

CAM設計・宮村です。

 

 

今日は複数社で見積もりを取っているけど、どこを選んでいいのかわからない方へ、正確に他社見積もりができるたった一つの方法をご紹介いたします。

 

 

例えば、A社・B社・C社の3社で相見積もりをしている場合・・・

A社:1,800万円

B社:2,000万円

C社:2,200万円

と見積もり価格が出てきたとします。

 

 

各社同じ要望をしているのにも関わらず、最大400万円違うのは何故だろう?

単にA社が安く建ててくれる会社なのだろうか?

400万円も違うのであれば、当然C社よりも住宅の性能が悪いのだろうか・・・。

しかし、A社の性能は果たして悪いのだろうか・・・。

このようになかなか明確な答えを出すことはできません。

 

 

一概には言えませんが、こういった場合は、建て主さんが伝えた要望以外の仕様が違っていたり、全体の坪数が違っていたり、諸費用を含むか含まないかでも変わってきます。

 

 

例えば・・・

A社が使用する断熱材はグラスウール。

B社は高性能グラスウール。

C社はウレタン吹き付け。

どれも高気密高断熱で使用することができる断熱材です。

この各社違う断熱材の能力を判定して、価格が妥当かどうかの判断をしなければいけません。

これは正直プロでも難しい判断です。

 

 

しかし、相見積もりの目的は、「自分たちが求める家をどの会社が一番安く建ててくれるか」を探すために行うものです。

しかし、そのためには「自分たちが求める家」を明確にしておかなければなりません。

要するに使う材料から形状、間取り、面積まで同じものでなければ、高い安いの判断はできないことになります。

 

 

果たしてそういうことはできるのか?

 

 

できます。

 

 

建て主さんは、まず建築士に設計を依頼し、希望の間取りや要望を一緒に整理します。

そして、その資料を元に複数の工務店に対して見積もりを取るやり方です。

これであれば、仕様も間取りも同じ状態で見積もりを取ることができます。

 

 

注文住宅をなるべく安く建てるための一つの方法ですよ。

相見積もりでお悩みになられた方は是非一度ご検討下さい。

 

 

建て主さんの家づくりが良いものでありますように。

touta

CAM設計:宮村陶太

 

 

※※※※※※※※※※

 

 

家づくりは注文の仕方で大きく金額に差が出ます!

「同じ家なら節約できて、同じ価格ならもっと良い家ができる」

数百万円の違いがでる、住宅の注文方法。

建材や住宅設備機器が「仕入れ値」で手に入る「資材調達力」。

業界タブーの工事原価を全て公開、「明朗会計で納得の家づくり。」

耐震、断熱、省エネ、通風、採光、動線、プライバシーなど全て考えられた熟考設計。

 

 

高性能でデザイン性の高い住宅を、新しい注文方法で手の届く価格で実現。

「節約して、しかも妥協しない」家づくりをしたい方をお待ちしております。

 

 

CAM設計のブログでは、

「家づくりに役に立つ情報」を発信しています。

ご興味がある方は「メルマガ登録ページ」より、メールアドレスのみ入力してください。

ブログが更新されるとメールが届きます。

 

 

お問い合わせや資料請求はこちらのページからどうぞ。

 

 

 


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

CAM設計住宅プランナー 宮村陶太

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー 宮村陶太

大学卒業後、ホームページ制作会社にて6年間の営業を経てCAM設計に入社。 一番最後に入ったので、家づくりに対する不安や、何をしたらいいか分からな い人の感覚が最もわかると思っています。 インプットしたことをこのブログでアウトプットしながら、皆さんにCAM設 計のことを知って頂けるように頑張ります。