2021.1.14

庭を作る際は位置が重要?熊本の設計事務所が庭を作るメリットや注意点をご紹介!

no_image2

「せっかく注文住宅で家を建てるなら、庭のある家に憧れるけど、不安な部分も多く、踏み切れない」
そうおっしゃる方も多いのではないでしょうか。
庭を作るかどうか考えるなら、そのメリットや注意点は知っておきたいですよね。
そこで今回は、庭を作るメリットや注意点について熊本の設計事務所がご紹介します。

□庭を作るメリットとは

庭を作るメリットとしてまず挙げられるのは、日当たりや風通しが良くなるということです。
特に家が多く立ち並ぶ住宅街では、家同士の距離が近く、どうしても日当たりや風通しが悪くなってしまいがちですよね。
日当たりの悪い家は、室内が暗いため過ごしにくく、それに加え、風通しも悪いとなると、湿気が溜まり、家本体の劣化も早めてしまいます。

こうした場合にも、庭があることでその分スペースが空き、隣の家との間に空間が生まれるでしょう。
この空間こそ、快適な暮らしを送るために非常に重要な役割を担っているといえますね。

他にも家庭菜園やガーデニングに興味がある人にとっては、マイペースにゆっくりと育てられる環境というのは珍しく、自宅の庭ならではの魅力と言えるでしょう。
家庭菜園なら育てた野菜を家族で味わい、ガーデニングなら季節によって異なる植物を楽しめます。
つまり、庭があるからこそ感じられる喜びや感動こそ、庭を作るメリットと言えるでしょう。

□庭を作る際の注意点とは

庭を作る際は、どの位置に庭を配置するかという点に注意しましょう。
庭の配置によっては、敷地内を移動する際の動線の距離が変化します。
そもそも庭と言っても、植物を植える場所や子どもが遊ぶ場所、物置にする場所など、スペースごとに役割が異なりますよね。
したがって、庭の中で人が歩く場所となる動線部分を検討する際は、こうしたスペースごとの役割を踏まえた上で、考える必要があります。

こうした場合に、玄関から駐車場までの移動、玄関から道路までの移動、玄関から裏口までの移動など、具体的な移動経路を想像することで、庭の配置が決めやすくなるでしょう。
また動線をより分かりやすくするために、あえて道を作ることで、さらに庭らしさが出せます。

また庭の配置は、外から庭がどのように見えるのかという点にも影響します。
配置によっては外からの目線が気になるため、プライバシー保護という観点にも注意が必要でしょう。
状況に応じて、目隠しにもなるようなフェンスや木を設けたり、動線の調整してみても良いですね。

□まとめ

今回は、庭を作るメリットや注意点について熊本の設計事務所がご紹介しました。
庭を設けることは、暮らしの快適性や充実性においてメリットがありますが、設置の際には注意点もあります。
ぜひ今回ご紹介した内容もご参考に、理想の庭について検討してみてはいかがでしょうか。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太