2020.8.9

平屋の注文住宅をお考えの方へ!熊本の建築設計事務所が二階建てと比較して解説します!

no_image2

熊本県内で注文住宅の購入をご検討中の皆さん、平屋と二階建てのどちらにしようかお迷いではありませんか。
平屋も二階建ても人気があり、それぞれの良さがあります。
自分にあったマイホームを購入するには平屋と二階建ての比較を行うと良いでしょう。
今回は注文住宅の平屋と二階建ての比較をご紹介します。

□平屋と二階建ての比較ポイントについて

それでは、平屋と二階建てを比較するポイントについてご紹介します。

 

*土地の比較について

まずは土地の比較を行いましょう。
周りにあまり建築物などがない広めの土地を確保できる場合は平屋がおすすめでしょう。
一方で、都心などであまり広い土地を確保できない、あるいは周りが建物に囲まれている土地であるとプラバシーや採光の観点からしても二階建ての方が良いでしょう。

ある程度、購入予定の土地の特徴などが分かっている場合は、その土地の特性から平屋にするか二階建てにするか判断するのも良いでしょう。

 

*予算の比較について

予算が決まっている場合は、設定予算の額も基準になるでしょう。

一般的に平屋の方がより広い土地を必要とするため、土地の購入値段が高くなります。
一方で、二階建ての場合だと、二階分のトイレや階段などの設備が必要になるので、余分に費用が掛かります。

依頼先の業者によっても、平屋と二階建てのどちらの方が得意かなど特性が分かれるので、自分の予算に合った見積もりを出してくれる業者さんを探してみてください。

□平屋のメリットとデメリットについて

次に平屋のメリットとデメリットについて、ご紹介します。

まずはメリットですが、耐震性に優れていること、家族間の距離が近くなることがあげられます。

日本は地震大国なので、安定性の面からしても平屋の方が安心でしょう。
また全ての間取りが同じフロア上にあるので、家族の距離が近くなります。
子供が大きくなるにつれて一緒に時間を過ごすことも減るかもしれませんが、平屋ならば少しでも多く顔を合わせられるでしょう。

デメリットは、広い土地が必要になること、防犯面の心配があることです。
平屋で多くの部屋を作ろうとしたら、どうしても広い敷地が必要になります。
そうなると値段の面でも、土地の確保が難しくなるでしょう。

さらに全てが地上階にあることから、防犯面での心配も残ります。
ガラスを二重にする、センサーライトを取り付けるなどの防犯対策をとる必要が出てきます。

□まとめ

今回は注文住宅の平屋と二階建ての比較をご紹介しました。
これらの家の違いを理解して、素敵なマイホームを設計してくださいね。
熊本県在住の方で、注文住宅の購入に関心をお持ちの方は、ぜひお気軽に当社までご相談ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太