2021.10.28

キッチン収納のポイントとは?注文住宅をお考えの方必見です!

no_image2

キッチンは日常生活を送る上で欠かせない空間です。
だからこそ、毎日の家事が楽しく、効率的になるようなキッチンに仕上げたいですよね。
そこで今回は、熊本で注文住宅をお考えの方に向け、キッチン収納のポイントとアイディアを紹介します。

□キッチン収納のポイントを紹介します!

毎日使うキッチンは、他の部屋より汚れやすく、物が散らかりやすいのが特徴です。
キッチンを綺麗な状態でキープするためには、「収納」を活かす必要があります。
そこで、キッチン収納のポイントを2つ紹介します。

*キッチンの収納場所

現在販売されているシステムキッチンの多くは、収納場所がたくさん付いており、使い勝手も良くなっています。
キッチンの収納場所は大きく分けて3つのエリアに分けられます。

1つ目は、シンクの下です。
ここでは、主に水回りに関する調理器具や、コンロや流し台の掃除に使う洗剤などが収納できます。

2つ目は、調理台の下です。
ここでは、調味料や調理道具、細かい調理器具などが収納できます。

3つ目は、コンロの下です。
ここでは、主に調理に使用するフライパンや鍋などの調理器具や油類を収納できます。

このように、エリアごとに作業に使用する道具を分けて収納することで、家事が効率化されます。
家を建てる際は、キッチンでの行動を想定して、作業スペースやキッチンの収納場所を設計プランに取り入れましょう。

*使う頻度によって位置を変える

キッチンは物の使用頻度によって収納場所を変えると効率的に片付けられます。
食品は火や水を使うコンロや流し台のそばの収納場所ではなく、パントリーなど別の場所に保管すると良いでしょう。
パントリースペースでは、物の重さや大きさ、使用頻度によって収納の位置を変えるとより効率的です。

□キッチン収納のアイディアを紹介します!

キッチン収納のアイディアを3つ紹介します。

1つ目は、キッチンパントリーです。

キッチンパントリーとは、キッチンのそばにある食品や食器用の収納棚のことを言います。
パントリーの間取りには様々なパターンがあります。
物が取り出しやすいオープンタイプや、使っていない時は扉を閉めて隠せる扉付きタイプ、小部屋のような半個室タイプがあります。

2つ目は、背面収納です。

キッチンの背面収納は、オープンキッチンにしたときに、背面にある収納のことを言います。
オープン棚と組み合わせると、食器や調理器具をディスプレイしながらおしゃれに収納できます。

3つ目は、カウンター下収納です。

カウンター下収納は、小物を置いたり、マガジンラックにしたりと、様々な使い方ができるため、インテリア性の高い収納ができます。

□まとめ

今回は、熊本で注文住宅をお考えの方に向け、キッチン収納のポイントとアイディアを紹介しました。
当社は満足度の高い家を提供するために誠心誠意サポートいたします。
何かお困りのことがありましたら、ぜひ当社までご相談ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太