2020.4.24

ウッドデッキを取り入れよう!熊本で注文住宅をお考えのあなたへ!

no_image2

注文住宅をお考えの方で、ウッドデッキに憧れがある方はいらっしゃいませんか。
ウッドデッキは、あるだけでなんとなくおしゃれになるため、欲しいと思っている方は多いです。
しかし、ウッドデッキのメリットや特徴について把握している方は少ないでしょう。
ウッドデッキの特徴を知り、最大限に活用しましょう。

□ウッドデッキは人気な設備である

ウッドデッキは家の外に設置します。
そのため、内装と異なって注目されないこともしばしばあるでしょう。

しかし、その使い方は限られていません。
例えば、プライベートな庭のように使うこともできれば、リビングの続きとしても使えます。
今から新築で注文住宅を建てる方にとって、必須と言っても過言ではないでしょう。

古い平屋には縁側が付いていて、庭や植物を楽しんだり、家族同士の交流の場になったりして重宝されていました。
現代では、ウッドデッキが縁側のような役割をしてくれるでしょう。

DIYでウッドデッキを作る場合もあります。
しかし、せっかく新築の設計をしているのであれば、設計段階からウッドデッキを組み込むことをおすすめします。
ウッドデッキは、素材や形で自分らしくデザインできます。
自由度の高さもウッドデッキの魅力と言えるでしょう。

□ウッドデッキを設置するメリットとデメリット

ウッドデッキには魅力的なメリットが多くあります。
しかし、その一方で面倒なデメリットが存在することも確かです。
どちらも把握した上でウッドデッキについて考えましょう。

 

*ウッドデッキを設置するメリット

 

ここで紹介するウッドデッキのメリットは大きく分けて4つです。
住宅が広く感じられる点、洗濯物を干すスペースとして有用である点、子供やペットの遊び場になる点、外観がおしゃれに見える点です。
特に、子供やペットの遊び場になる点は魅力的でしょう。
近年では、近所や公園でも、外で子供を遊ばせるのが怖いとお考えの方に、ウッドデッキはぴったりでしょう。
また、感染症対策としてもウッドデッキで遊んでくれていると安心です。

 

*ウッドデッキを設置するデメリット

 

ウッドデッキを設置すると、いくつかのデメリットがあるため確認しておきましょう。
まずは、メンテナンスコストがかかる点ですが、外に設備を設置するため仕方がないでしょう。
また、木を使っているため素材によっては腐朽リスクがあります。
ウッドデッキの下に生えた雑草の処理は大変ですが、これらは事前の対策である程度は防げます。

□まとめ

今回は、熊本県在住の方に向けて、ウッドデッキを設置するメリットやデメリットをご紹介しました。
ウッドデッキに憧れを抱いている方は多いでしょう。
実際メリットの多いウッドデッキですが、デメリットについても考えることをおすすめします。
真摯に向き合い、ウッドデッキの設置を検討しましょう。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太