2021.7.2

おしゃれな内装にしたい方へ!注文住宅の内装について詳しく解説!

no_image2

住宅の内装をおしゃれにしたい方は多いでしょう。
内装をおしゃれにするためには、モダン系や海外系など雰囲気を決めてから内装を考えると良いです。
また配色を考えることで、部屋の印象がかなり変わります。
本記事では注文住宅をお考えの方に、おしゃれな内装について紹介します。

□内装デザインの種類とは

内装のデザインには様々な種類があります。
ここでは、4つの種類を紹介します。

1つ目は、モダン系です。
基本的にこのデザインは、無駄を省いたシンプルなデザインです。
中には日本のデザインを取り入れた、和モダンもあります。

比較的最近のイメージがありますが、200年以上の歴史があります。
またメリットとして、シンプルなので流行に左右されないことが挙げられます。

2つ目は、海外系です。
アジアや欧米といった海外住宅のデザインも人気の高い内装です。
映画に出てくる雰囲気にできる点が魅力的です。
また、参考にする国によって大きくテイストが変わります。

3つ目は、ナチュラル系です。
これは天然木の質感を楽しめるデザインです。
そのため、好き嫌いの少ない内装です。
様々なインテリアや間取りとも相性が良いですよ。

4つ目は、シック系です。
ダークカラーは、落ち着きのある色です。
それにより、高級感が出ます。
年齢を問わず人気が高いので、若い時に選んでも長く使用できます。

□内装の配色方法を紹介します!

内装をおしゃれにするためには、配色がポイントになります。
ここでは、そのポイントを2つ紹介します。

1つ目は、色の割合を7対2.5対0.5にすることです。
色は配分を気にするだけで、印象がかなり変わるのをご存知ですか。
そのため、割合を押さえておくことが重要です。

まずは部屋の基礎となるベースの色を7割にします。
次にカーテンやソファといった部屋の主役になるメインの色を2.5割にします。
最後に、クッションなどのアクセントの色を0.5割にすると良いです。

2つ目は、主に明るい色を使うことです。
膨張色の代表的な例として、白などが挙げられます。
これらは、大きく膨らんで見えたり、軽やかに見えたりします。
そのため天井は明るい色を使うと開放的に感じるでしょう。

□まとめ

本記事では注文住宅をお考えの方に、おしゃれな内装について紹介しました。
内装をおしゃれにするためには、モダン系や海外系など雰囲気を決めてから内装を考えると良いです。
またおしゃれに見せるには、まずは配色を考えて部屋に統一感を与えましょう。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太