機能とデザインを保ちながらコストパフォーマンスを追求できるのが私たち建築設計士です。

3,000万円の家を建てる時に、どれだけが材料費でどれだけがメーカーの利益なのでしょう。
本当に必要な部分にコストをかけ、不要な部分はコストを最大限の削減努力をする。
その積み重ねで完成するのは、無駄がなく安心と満足感が残る心地よい住まいです。

CAM設計では分離発注システムという方法でコストの最適化を提案します。

分離発注システム
建築家(設計事務所)に工事全般の監理業務を委託。そのうえでそれぞれの専門業者と依頼主が建築家のアドバイスを受けて直接契約するため、管理費や経費が上乗せされることはありません。
ご契約は施主様ですが、工事の依頼や段取りなどついてはCAM設計が責任を持って指示・監督・確認を致しますのでご安心ください。
一括発注(工務店・ハウスメーカー)
工務店やハウスメーカーと契約しても、実際に工事を行うのは下請業者(専門業者)。下請業者の工事代金に約30%の元請管理費が上乗せされて依頼主に提示されます。
設計から施工まですべてをワンストップで依頼できるので知識のない方には特に便利ですが、見えない部分も発生しやすくなります。

さらに相見積もりを取ることで、適正な価格を知りながら選ぶ事ができます。

*

お客様の視点でプランを組み上げ

せっかく業者と直接契約しても、価格相場の知識がない施主様が損をしてしまうような条件だったら意味がありません。
私たちは基本的に、複数の業者から相見積もりを取る形で、適正な価格で商品がお客様のもとに掲示されるようにしています。
透明性を持って対応していきますので、比較する業者の中にお客様のお知り合いの業者様を入れて頂いても構いません。
ただし、この比較は価格を安くするだけが目的ではありません。正しい商品を正しい技術で納めて頂ける業者の選別でもあります。
CAM設計のプロが一緒に見極めますので、安心して納得のいく条件を選んでいきましょう。

同じ金額で家を建てる時のコストの割り振りイメージ

金額が大きいゆえに見逃してしまう無駄なコスト

住宅を建てるとき、例えば「3,000万円」など、とても大きな金額を使います。金額が大きくなれば、どこかで100万円上乗せされていても、よほど詳しい方でなければ不明瞭に高いコストに気付くことはまず不可能でしょう。その無駄にかかった100万円は、どこかにあてるはずだった金額で補てんしなければなりません。
材料のグレードを一つ下げたり、施工が極端に安い反面、質の悪い業者を使うことになっているかも知れません。
こういったコストダウン時に、特に注意したいのは、外観ではなく建物の中身。いわゆる『構造』です。
『構造』は完成した後ではまず確認ができませんので、特にコストカットされやすい部分でもあります。CAM設計では、この中身部分もお見せしております。それが『構造見学会』です。
構造見学会についてのページもぜひ一度ご覧ください。

「高い」「低い」ではなく、「無駄があるかないか」。

私たちが分離発注システムや相見積もりを採用するのは、こういった過剰な予算をしっかりと住宅にあてて頂けるようにするためです。
「高い」か「安い」というよりも重要なのは「いかに無駄なコストがないか」だと私たちは考えます。 CAM設計が担当させていただく場合、『安く建てられる』と言うよりは、『お預かりするコストを1円も無駄にせず住まいをつくりあげる』という感覚の方が正しいかと思います。
安心して暮らせて、住みやすい。良い家を建てたい。私たちの取り組み、想いはその一点に集約されます。

*