2021.8.24

熊本にお住いの方へ!注文住宅に収納を設ける際のコツをご紹介!

no_image2

熊本で注文住宅をお考えの方で、
「どこに収納を設置して良いかわからない」
このようなお悩みを持っている方は少なくないでしょう。
収納は、生活のしやすさを決める重要なポイントです。

今回は、注文住宅におすすめの収納スペースをご紹介します。
また、注文住宅設計時におさえていただきたい収納のコツもご紹介します。

□注文住宅におすすめの収納スペースをご紹介します!

収納の設置場所は、どこが最適なのでしょう。
ライフスタイルによって、収納の数や用途は異なるはずです。
ここでは、注文住宅の設計の際におさえていただきたい収納の設置場所についてご紹介します。

まず、収納と聞いて思い浮かべるのは、クローゼットでしょう。
カバンや帽子またはアクセサリーなどたくさんのものを同じ場所に収納したい場合、ウォークインクローゼットにすることをおすすめします。

また、外出前の身支度に必要なものをまとめて収納することで、使い勝手が非常によくなります。

つぎに、壁に設置する壁面収納です。
床から天井にかけて壁一面に収納を作ることで、収納スペースができるだけでなく、見た目もおしゃれに見えます。
そのため、使い勝手と見た目の両方にメリットがあります。

さいごに、玄関周りの収納です。
玄関は毎日利用する場所です。
そのため、快適に使用するためには、玄関の収納が重要なポイントです。

特に、お子さんがいる家庭では外出の回数も多く、遊び道具やベビーカーなど物が場所を取りがちです。
そのため、玄関に大きめの収納があれば非常に便利でしょう。

□注文住宅設計時におさえていただきたい収納のコツをご紹介します!

注文住宅の設計時に収納を決める際、おさえておくべきコツがいくつかあります。
ここでは、覚えていただきたい「収納のコツ」についてご紹介します。

*生活動線や家事動線を意識して配置する

収納場所を決める際、生活動線や家事動線を意識して配置を考えましょう。
たとえば、洗濯をする際、洗濯物をまわす、干す、畳むという一連の工程を考えます。

この場合、洗濯をする場所の周辺にクローゼットを配置するなど、「導線」を意識することが重要です。

*使用頻度を考えて位置を決める

収納するものによって、使用頻度は異なります。
そのため、よく使用するものは出し入れしやすい位置に、あまり使用しないものは高い位置にというように収納位置を決めると良いでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅におすすめの収納スペースをご紹介しました。
また、注文住宅設計時におさえていただきたい収納のコツをご紹介しました。
収納の設置の際は、これらのポイントをおさえて、快適に暮らせる住宅づくりをしましょう。

その他ご質問やご不明な点があれば、当社までお気軽にご相談ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太