2020.5.18

熊本で注文住宅を建てるなら!おしゃれなリビングに欠かせない壁面収納とは?

no_image2

注文住宅を建てる際に、リビングに壁面収納を作りたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
壁面収納に憧れの方は多いです。
一方で、壁面収納という言葉は聞いたことがあるけれど、どのようなものかはイマイチわからない方もいらっしゃると思います。
壁面収納について知ってもらいたいため、熊本の業者が紹介します。

□壁面収納とはどのようなものか

壁面収納とは、壁一面が収納スペースになる収納の種類です。
テレビの周りが壁面収納になっているものを見たことがある方も多いのではないでしょうか。
基本的には柱や梁の出っ張りを有効活用して作られます。

壁面収納のメリットとして、収納量が確保しやすい点や統一感を出しやすい点、おしゃれに演出できる点などが挙げられます。
壁一面を天井まで収納にするため、多くのものを収納できます。
また、さまざまな種類の家具を置く場合に比べて、統一感が出しやすいでしょう。
おしゃれな収納空間になる点も魅力的ではないでしょうか。

□リビングに壁面収納にする際の工夫について

リビングに壁面収納にする際に、ただなんとなく壁面収納を作る以外に、工夫できることがあります。
具体的にどのような工夫ができるのか、ここでは2点例をご紹介します。
それは、床から天井まで壁全面を収納にしてすっきりとした印象を演出する工夫と、テレビやオーディオを設計に組み込んで部分的に見せる工夫です。

床から天井まで一面が壁面収納になっていると、一部だけの場合よりも、すっきりとした印象になるでしょう。
一部だけ壁面収納にしていると、そこにものをかけてしまったり、置いたりすることで、統一感が失われてしまうかもしれません。
統一感を持たせて、すっきりとした印象を与えるためにも、壁面収納の大きさには注意が必要です。

テレビやオーディオを壁面収納に組み込むのはオーソドックスな配置方法です。
しかし、行き当たりばったりでこの設計にすることは難しいでしょう。
テレビやオーディオを組み込む予定があるのであれば、設計の段階から組み込むことをおすすめします。
そうすることで、イメージ通りの納得のいくリビングになるでしょう。

□まとめ

壁面収納は、メリットの多い収納方法です。
収納機能に優れていることはもちろん、デザイン性も高い収納方法であることをおわかりいただけたと思います。
その機能性とデザイン性から憧れを抱く方も多いですが、失敗しないように、事前に情報を集め、納得のいく壁面収納を実現させましょう。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太