2021.2.17

無駄のない注文住宅にしたい方必見!費用を抑える方法を熊本の設計事務所が解説!

no_image2

「注文住宅を建てたいけれどできるだけ費用を抑えたい」
「注文住宅って高くないの」
このように注文住宅の費用を心配されている方はいませんか。
一生に一度の買い物になる住宅は快適にしたいものですが、高価な費用を懸念される方も多いですよね。
今回は、無駄のない注文住宅を建てるために費用を抑える方法を解説します。

□費用を抑える時のポイントとは

費用を抑えるポイントとして壁を極力少なくする方法があります。
壁で部屋を仕切る場所が多いほど費用がかかるので、壁を少なくするとコストカットにつながるでしょう。
また壁が少ない住宅は、その分開放感が生まれ家族とのコミュニケーションもより活発になります。
小さなお子さんがいらっしゃるご家庭なら尚更、お子さんが遊んでいるところや宿題をしているところをキッチンで家事をしながら見守れるのは安心ですね。

壁の少ない住宅にメリットがあったとしても「壁が少ないとプライベートな空間が無くなりそうで心配」と思われる方もいますよね。
そういった場合は、間取りは壁が少ない構造にしてパーテーションを設置すると自由でプライベートな空間を確保できるでしょう。

ただし、基礎の構造部分にはお金をかけておくことが重要です。
住宅はお子さんの成長や老朽化によってリフォームが必要になる場合がありますが、リフォームの時には頑丈な基礎部分が重要となります。
また基礎部分が脆弱な住宅は、耐震面でも心配な住宅になりかねないですよね。
コストカットする部分とお金をかける部分の区別をすると費用を適切に抑えられるでしょう。

□費用を抑える分離発注方式とは

「では、具体的にどうすれば費用を抑えられるのか」と気になる方は多いですよね。
費用がかかる要因として、一括発注による各専門業者への元請管理費が挙げられます。

当社では、分離発注方式を採用しており、お客様には仕入れや施工などの各専門業者と直接契約を結んでいただくので元請管理費が発生しません。
さらに直接契約であっても、当社が責任をもって依頼業者様を管理監督するのでお客様が管理の心配をする必要もありません。
分離発注システムでは、材料費に予算を費やせるのでお客様が思い描く住宅デザインをコストカットしながら実現できますね。

□まとめ

今回は、費用を抑えながら無駄のない注文住宅を実現するポイントをご紹介しました。
コストカットする部分とお金をかける部分を分けて考えるのが重要ですね。
費用を抑えながら安心かつご希望の住宅を手に入れましょう。
注文住宅を検討中の熊本在住の方がいらっしゃいましたら、ぜひ当社に一度ご相談ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太