2020.7.6

注文住宅の予算を抑える方法について解説!熊本にお住まいの方必見!

no_image2

「注文住宅を建てたいけど、予算が気になる。」
「なるべくリーズナブルに家を建てたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
予算内でできるだけ理想的なマイホームを建てたい方は多いですよね。

そこで今回は、注文住宅における上手なコストカットの方法について解説しましょう。

□注文住宅の予算を抑えるには

予算を抑えるには、お金をかけるべき部分にはお金をかけ、それ以外の部分での無駄な費用はカットすることが大前提です。
以下に効果的なコストカット術をいくつか紹介します。

 

*家の形はシンプルに

まず建物の形をシンプルにしましょう。
複雑な形にすると、外壁の表面積が大きくなるため、材料費や工事費が余計に必要になります。
そこで、家の形をシンプルにすることで、材料費や工事費、人件費を諸々削減できます。
具体的には正方形や長方形といった直線的な形状にすると良いでしょう。

 

*部屋数を減らそう

家の形以外に間取りや部屋数にも工夫をしましょう。
部屋を過度に増やすと壁が必要になるため、材料費や工事費が多くかかってしまいます。
そのため、間取りを考える際は、なるべく部屋数を減らしてオープンな空間を作りましょう。
また、部屋数を減らすことで、日当たりが良くなったり、風通しがよくなったりするメリットもあります。

 

*トイレの数は1つに

2階建ての家を建てる際に、トイレを2つ置く方は増えています。
しかし、コストカットの観点では1つにすることをおすすめします。
トイレは1つ作るのに、最低30万円ほどかかります。
設備費、工事費を含めるとさらに費用はかかるため、必要ない限りトイレは1つにしましょう。

 

□分離発注システムを採用しよう

効率よくコストカットするには、家の建築にかかる費用を明確化し、コストの最適化することが重要です。
そこで、当社で採用している分離発注システムをご紹介しましょう。

このシステムでは、建築家に工事全般の監理業務を委託します。
そして、それぞれの専門業者と買主が建築家のアドバイスを受けて直接契約します。
契約はご本人でする必要がありますが、工事の依頼や段取りについてはCAM設計が責任を持って指示・監督・確認するためご安心ください。

分離発注システムを用いると、専門業者と直接見積もりをするため、材料費や工事費といったコストを明確化し、最適化できます。
ご自身が納得できる価格で納得できる施工をしてもらえます。
当社は、相見積もりをとってお客様に適正価格で適当な商品が提供できるようにサポートしています。

□まとめ

注文住宅でのコストカット方法について紹介してきました。
今回紹介した工夫を実践してみて、リーズナブルかつ理想的な家づくりをしましょう。
当社は、熊本にてお客様の注文住宅建築を随時受け付けております。
注文住宅をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太