2021.12.28

注文住宅におけるリビングの広さの考え方と目安をご紹介します!

no_image2

家族と過ごす時間が最も長いのはリビングではないでしょうか。
しかし、どのようにリビングの広さを決めれば良いのかわからないという方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、リビングの広さの決め方と広々としたリビングを作るためのコツを紹介します。
注文住宅をお考えの方はぜひお役立てください。

□注文住宅のリビングの広さを決める方法とは

リビングの広さは、家族構成とライフスタイルを参考にして決めるのが一般的です。
例えば、夫婦2人で生活する場合とお子様がいる場合では必要な広さが変わってきますよね。

また、ライフスタイルもリビングの広さを決める際のポイントです。
家族みんなで食事をとる場合は、ある程度スペースがないと息苦しくなるでしょう。
一方で、夫婦共働きや単身赴任の場合は、リビングで生活する機会も減るため、広すぎるリビングは必要ありません。
このように、家族構成とライフスタイルを目安に決めていきましょう。

*人気のリビングの広さ

実際に注文住宅を建てた方からは、15畳前後が人気です。
家族みんながくつろぐ空間ということもあり、ある程度大きな家具を設置しても、余裕がある広さを求めていると言えます。
広いリビングはゆったりとした空間になりますが、家具とのバランスが難しかったり、ものが散らかりやすくなったりするため注意が必要です。

□リビングを広く見せる方法をご紹介!

広々としたリビングにするためには収納が重要です。
くつろげるスペースの面積を確保することも大切ですが、リビングには収納スペースを設けるようにしましょう。
ものが散らかっているとどうしてもお部屋は狭く見えてしまうため、十分な収納スペースが必要になります。

また、家具の高さを揃えることもポイントの一つです。
家具の高さによって、部屋の開放感は大きく左右されます。
家具の高さを揃えることで、すっきりとした印象にリビングにしましょう。

さらに、色の統一感に気をつけることも大切です。
例えば、壁や床との一体感のある家具を選ぶことで、開放的な空間になります。
このように、アイデア次第でリビングを広く見せることが可能なので、ぜひ試してください。

□まとめ

この記事では、リビングの広さの決め方と広々としたリビングを作るためのコツを紹介しました。
リビングを広く見せるためには、家具の色や高さもポイントの一つです。
この記事を活用して、家族みんながゆったりと過ごせるリビングにしましょう。
熊本で注文住宅を検討されている方は、ぜひ当社までお気軽にご連絡ください。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太