2021.1.22

注文住宅で後悔しない和室にするために押さえたいポイントとは?熊本の会社が解説!

no_image2

最近では日本でもフローリングがメインの住宅も多いですが、やはり和室を作りたいという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
せっかく注文住宅で和室を作るなら、後悔ないものに仕上げたいですよね。
そこで今回は、注文住宅で後悔しない和室にするために押さえたいポイントについて熊本の会社が解説します。

□和室を設けるメリットとは

「そもそも和室を設けることにどのようなメリットがあるのか分からない」
そうおっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実際和室にはフローリングではなかなか出来ない和室ならではの用途というものがあります。

和室に使用されている畳はフローリングに比べて柔らかいという特徴がありますよね。
したがって、寝転がったり転んだりすることの多い子供の遊び場として最適です。
特にリビングの隣に和室を設置することで、子どもを目の届く範囲に置きながら家事ができるでしょう。
また小さいお子さんがいらっしゃる場合には、おむつの交換場所や寝返りの練習場所など、育児スペースとしても利用できますね。

さらに和室は来客が宿泊するスペースとしても最適です。
客間がなくとも、畳の床の和室があれば布団を敷くだけで対応できるため、来客にも快適に過ごしてもらいやすいでしょう。

□押さえたいポイントとは

様々な魅力がある和室ですが、後悔しないために押さえたいポイントとは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

和室を作るにあたってまず押さえたいポイントは、和室の位置についてです。
もし仏間として和室を使用するなら玄関近くに、来客用の寝室として使用するなら家族の寝室と離れた位置に設置するなど、それぞれでふさわしい位置が異なります。
したがって和室の位置について検討する際は、ご希望の用途に合わせて考えると良いでしょう。

さらに和室の広さに関しても、用途に合わせたものを検討する必要があります。
もし先程ご紹介したような子供の遊び場や育児スペースとして利用する場合は4から5畳の広さを確保しておくことがおすすめです。
一方で来客用の寝室として利用するなら6畳以上の広さなど確保できると良いでしょう。
またこうした場合には、来客用の布団を収納しておける押し入れについても検討できると良いですね。

□まとめ

今回は、注文住宅で後悔しない和室にするために押さえたいポイントについて解説しました。
和室にはフローリングにはないメリットや魅力がありますが、それらを十分に生かすには位置や広さなど用途に合わせて十分に検討する必要があります。
ぜひ今回ご紹介したポイントもご参考に後悔のない和室を目指しましょう。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太