2021.4.28

注文住宅で後悔しないためには日当たりが重要?熊本の専門家がご説明します!

no_image2
熊本で注文住宅をお考えのみなさん、後悔しないためには日当たりが重要だということをご存じですか。
日当たり次第で、住まいの暮らしやすさが大きく変わってきます。
この記事では、家づくりで重要な日当たりについて詳しく解説します。
ぜひお役立てください。
 

□日当たりが良いことによるメリットとデメリットとは?

 
注文住宅を考えるにあたって、日当たりは重要な項目です。
家づくりで日当たりを最も重視する方も多いでしょう。
日当たりが良い住宅にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
 
まず日当たりが良いことによってもたらされるメリットですが、代表的なものとして以下のものが挙げられます。
 
・太陽の光で爽やかに起床できる
・洗濯物が乾きやすくなる
・体内のリズムが調整され、健康的な生活を送れる
・室内にカビが生えにくくなる
 
次にデメリットですが、代表的なものとしては以下のものが挙げられます。
 
・夏場に室内が暑くなり、エアコンの電気代が高くつく
・家具などが色褪せる可能性がある
 
メリットとデメリットを考慮して、適切な日当たりになるように間取りを工夫することが大切です。
 

□注文住宅で日当たりを考える際のポイントとは?

 
注文住宅で日当たりを考える際、どのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか。
ここでは、意識すると良い点を3つご紹介します。
 
まず1つ目は、方角です。
家がどの方向を向いていたとしても、間取りや窓の位置を工夫することで日当たりの良い家は作れます。
 
では、どの方角に向けて建てると日当たりが良くなるのでしょうか。
一般的には、南向きが良いと言われています。
晴れていれば、夕方でも照明がいらないほどの明るさを確保できるでしょう。
 
東向きや西向きにもそれぞれに良さがあります。
日当たりが良くなるタイミングが異なるのが特徴です。
 
2つ目は、周辺の状況です。
日当たりは周辺環境によって大きく左右されます。
実際、周辺の環境によっては、南向きでも暗くなってしまう場合があります。
 
3つ目は、窓の位置です。
よくある誤解として、窓のサイズを大きくすれば日当たりが良くなるというものがあります。
日当たりは周辺の環境や時間帯、季節によって大きく異なります。
単純に大きい窓を採用すれば良いというわけではないのです。
 

□まとめ

 
家づくりで重要な日当たりについて詳しく解説しました。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
ご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太