2020.5.28

注文住宅が完成するの期間の目安とは?熊本で注文住宅をお考えのあなたへ!

no_image2

注文住宅を建てる際には見積もりや工事などすべきことがたくさんあります。
そのため、何から手をつければ良いのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
そんな方は、具体的な期間や、どのような方法で家づくりするのかといったことからイメージをしていきましょう。
今回は、必要な期間と設計方法について解説します。

□注文住宅完成までの期間

注文住宅を建て始めてから完成までの期間は人ぞれぞれですが、一般的には14ヶ月から15ヶ月ほどと言われています。

注文住宅を建てることが決まったら設計事務所への相談や資金計画、おおよその間取り決めをしていきます。
ここでの期間はおおよそ3ヶ月程度と見積もっておけば良いでしょう。

もしも様々な希望があり、意見がまとまらない場合は、当然期間も伸びてきます。
ただし、最初の段階は今後の流れを左右する特に重要な期間ですので、しっかりと時間をかけても良いでしょう。

そして図面が完成したら、設計事務所が建築業社に見積もり依頼を出して、最終的な金額を決定して、設計監理契約を結びます。
ここまでで7ヶ月程度を見積もっておいてください。

最後に、工事契約を結んで工事に入ります。
一般的な木造建築の場合は、工事期間はおよそ7ヶ月程度です。
ただし、ここでも特殊な工法を用いたり、特別な資材を使用したりすると工期も伸びるので注意しましょう。

□注文住宅を建てるときは「CAM設計方法」がおすすめ

CAM設計とは、一般的な工務店などが採用している一括発注ではなく、分離発注を利用した設計方法です。

注文住宅を建てる際には、電気工事、水道工事などを専門の業者に依頼する必要があります。
一括発注は、施主の代わりにまとめて工務店が発注してくれるので、特に知識のない方にとっては便利でしょう。

しかし、この方法では工務店に対する手数料を支払う必要があり、さらに施主側にこだわりがあっても直接専門業社とは話ができません。
そのため、コストと工事の不透明さという点に問題があるのも一括発注の特徴です。

一方、分離発注では、施主が直接専門業者と話をして決定します。
この方法では、施主のこだわりをきっちりと伝えられますし、工務店に対する手数料も発生しません。
また、当社は施主様のご希望をきっちりと専門業者様に伝えられるように全力でサポートいたしますので、ご安心ください。

□まとめ

注文住宅の建設は工事までの段階でも1年近くかかる場合もあり、長丁場です。
この長期戦を乗り越えるためには、自分にあった設計事務所を選ぶことが大切です。
もし熊本で注文住宅をご検討中の方がいらっしゃいましたら、当社にお任せください。
適切なコスト提案と工事依頼、段取りを執り行いお客様をサポートいたします。


↓ブログは随時更新中です。更新時に通知を希望される方はぜひメルマガご登録ください。

この記事を読んだ人は他にこんな記事を読みました

この記事の執筆者

CAM設計住宅プランナー宮村陶太